アンニュイな午後の日に。。。 2014年06月30日 ツメクサ物語











ある日の、ある昼下がり、
ここに立っていました。

すると、

奥へ奥へと、
吸い込まれて行きました。









そっと覗いて見れば、

・・・・・

その先にあるものは・・・









可愛らしいツメクサさんがたくさん。。。
もうもう^^
踏まないように歩くのがたいへん。。。









今日は、あちらの、こちらの、
どのベンチに座りましょうか。。。


読みかけの本を開いて、
そして、
もってきた紅茶でもいただきましょう。。。


さらりと、
そんなセリフ言ってみたいです。(爆(*_*;)。









きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪





ねんねん合歓の木の、ネムノキ 【3】。。。 2014年06月29日 ネムノキ物語










ふんわりとした、夢のようなお花です。。。


遠くからでも目立っていまして、
今まで見た中で、
いちばんピンク色が濃い合歓のお花でした。。。


青空を従えて、
それはそれはよく映えて、
初夏の風にのって麗らか感が漂っていました。。。









木の中で涼んでいますと、
けっこういい香りがするものですね~♪









葉たちが揺れるたびに・・・









ちらっちらっと見えてきます、
青空のスパイスが効いています。。。









実は、いつもコメントくださいます方から、
↓ 合歓のお花が遠くて小さいということで、
早とちりの紗真紗は、
もう^^嬉しくって工夫のない画ですが載せさせていただきました~♪








                     きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪


とらわれの身となった、キクイモモドキ。 2014年06月28日 キクイモモドキ物語










「 あぁ^^邪魔。。。 このネット。。。 」
     そんな声が聞こえてくるようです。。。


とらわれの身となってしまったのは、
      キクイモモドキ ( 菊芋擬き ) です~♪







孤軍奮闘しているようですが・・・・・







花びらが2枚もめくれてしまって・・・







風さえ吹けば ポンと外れそうな・・・







こっちの子は、一抜けたって・・・



やっぱり見晴らしがいい^^、

空気も違うっていう感じ・・・。。。







きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪







ねんねん合歓の木の、ネムノキ 【2】。。。 2014年06月27日 ネムノキ物語











葉だけでなく お花がないと・・・!

などと昨日言ってはおりましたが、

これがお花です。。。

このピンクです。見えるでしょうか~?




かすかにですが、ふわふわって、

意外と目立たないところが、

合歓のお花らしくて、

そんなところがかわいいです~♪









きょうもいつも、お越しいただきましてありがとうございます~♪



ねんねん合歓の木の、ネムノキ。。。 2014年06月26日 ネムノキ物語










チカチカチカチカすみません。。。

この葉は、なにと思われますか?



シダではありません。。。

紛らわしいですね。木です。。。









夜になれば 閉じてしまうという、

ねんねんの、

ネムノキ (合歓の木) の葉たちです~!


こんなに端整な姿をしているのですね~♪









やはり、お花がないと・・・です^^続きます。((*_*;~!!)。

きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪



白から藍、そして紫へ、藍姫。。。 2014年06月25日 アジサイ物語











ちょっとばかり

お疲れモードの紫の君ですが、

雨に濡れていてもいなくても、

藍姫はあいひめ。。。




咲き始めは、

こんな白い花びら?ガク!

だったなんて。。。




背伸びして、

大人な色にならなくても

いいですからね。。。









きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



まつ毛美人の、ヒペリカム。 2014年06月24日 まつ毛美人物語










もう^^パッチリです~!!

なにがって? 

オシベのインパクトが強すぎて、

メシベはどこへ隠れんぼ?

見つけられません~!(悲(*_*;)









この まつげ美人は、

ヒペリカム (Hypericum) というお花です~!



ビヨウヤナギやキンシバイの仲間ですが、

ほんとに小さくて小さくて可愛らしいです~!









オレンジの実も一緒になって、

全部見せてくれるので、

とってもサービス精神旺盛です~!








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



ふわふわした穂は、ホザキシモツケ。 2014年06月23日 花めぐり










このふわふわした穂で、お掃除したくなります~♪(笑(*_*;)


それは、おいときまして、
ホザキシモツケ ( 穂咲下野 ) といいます。。。

下野の国(栃木県)で、
花が穂のように咲くことからこの名がついたそうです。。。

■ ホザキシモツケ ■







いちおう、バラ科のお花なのですね~♪







ツボミはちょっと頑固そう。。。







あらっ! 待てないようで、少し開きはじめてきました。。。







シベがグゥッ~と伸びて、どこまでもふわふわさん。。。








もう^^おしくらまんじゅう状態でぐちゃぐちゃ、
でも^^しっかりお澄ましさんしていました。。。 






きょうもいつも、ご覧いただきまして嬉しいです^^ありがとうございます~♪







涼やかに、カシワバアジサイ。 2014年06月22日 アジサイ物語










毎日暑いですね~!

アジサイを眺めていますと

優しい氷の風が吹いてきて

涼しくなるような気がします









アジサイブルーも

アジサイピンクも

ステキすぎですが

このミルキーアジサイも好き









カシワバアジサイの

トッツンとした姿が可愛いくて









いつの間にか

とりこになりました~♪









どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいますように(*_*;~!!

きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪




ここまで輝きをました、麦畑。 2014年06月21日 麦ばたけ物語







            
      ↑  一本のこの穂が、風にも負けず感があるような・・・気がして・・・(笑(*_*;)。。。



この日、穂たちは揺れて揺れて大はしゃぎ。。。


「麦秋」は、緑の大地を矢のように過ぎるつかの間の、黄金の光。。。
ですので、
この言葉には、安らかな響きがこもり、安心安堵感をいだかせるのが不思議です。









そんなことを想っている間に、
風がひと休みしますと、
なにごともなかったかのように、
整列上手な穂たちとなりました~!








ちなみに、この穂たちは小麦では・・・と思いますが・・・♪

きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



フィトンチッドの香り。。。 2014年06月20日 つれづれなるままに









ここには、
ヒンヤリ感どころではない、
不思議な空気感がただよっています。


この大木は、
この森の主となって何百年経つのでしょうか。


まわりからは、
滝音とともに小鳥のさえずりが聴こえてきます。


そっと耳をあてれば、
とくんとくんと木の声までが聴こえてくるようです。


足元のシダたちは緑のおふとんとなって、
その寝床から起きてきたのは可憐なハルジオン。


ここはとくべつなところ、
なんとも気持ちがいい、
まわりにはフィトンチッドの香りが漂っていました。。。





きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



アジサイと言えば、シーボルト。 2014年06月19日 アジサイ物語









今を盛りと、アジサイたちが涼しげに咲いています~♪

少し長くなりますのでさらっと見流してくださいね。。。


先ず、アジサイといいますと、
ドイツ人医師でも、植物学者でもあります 、 フォン ・ シーボルト (1796-1866年)がうかびます。

1823年長崎に赴任し、出島でオランダ商館医として近代西洋医学を教え、
医学、薬学、博物学など、日本の近代学問の礎を築いたことでも知られていますのは、周知のこと。。。

特に日本をこよなく愛し、日本の風習、伝統に美術工芸の研究を行い、西欧へ紹介した貢献度は高いです。。。







アジサイのエピソードといいますと、
お滝とシーボルト ・・・・・ と、言ったほうがピンとくるのではないかと思います。。。

シーボルトの著書に、『 FLORA JAPONICA 日本植物誌 』 があります。

この中で 、アジサイの学名に ・・・ Hydrangea otakusa 「 ハイドランゲア・オタクサ 」 と書かれています。

この「オタクサ」ですが、
妻となった「楠本 滝 ( くすもと・たき ) 」という人物のことでして、
「お滝さん」を「オタクサン」と呼んでいたということから、「オタクサ」と名付けたといわれています。







そういえば 、シーボルト事件もありました。

長崎での6年の任期を終え、帰国の際、たまたま暴風雨(シーボルト台風と名づけられる)に遭遇し、船は難破しました。
その積み荷の中から 伊能忠敬作成のご禁制の日本地図が発覚し、
江戸と長崎で取り調べをうけ約1年間出島に拘禁され、後に、国外追放の判決を受け、追放された事件です。


きっと、故郷でのシーボルトは、この花を見るにつけ、日本に残してきた妻と娘に想いを馳せていたのでしょうか・・・?

・・・・・と言いますのは、



  『ふぉん・しーほるとの娘(上)』(吉村昭著・新潮文庫)の中で、

    其扇(お滝)は、お稲を抱いてシーボルトを見つめた。
    シーボルトの口から、悲痛な叫び声がふきだした。
    お稲は、それが父との永久の別離とは気づかぬらしく、
    笑いの表情をうかべると、「オトシャマ」と澄んだ声で答えた。  
    其扇(お滝)は、顔をおおい嗚咽した。




ここでこの記事が終わりますと、シーボルトとお滝の、悲恋の物語となるのですが、
ところがどっこい、そうはなりませんでした。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、シーボルトは63歳の時に長男を連れて、再来日しました。

もちろん、お滝とお稲とも再会しました。なんと、お滝もちゃんと再婚していました。

ちなみに、シーボルトの娘、楠本イネは、日本で最初の女医となりました、産婦人科医です。







なぜかこの「墨田の花火」が、
幻のアジサイと言われています、 シチダンカ (七段花) に見えてきました。
とっても可愛らしくて、ガクアジアイやヤマアジサイとは違った雰囲気が好きです。


きょうも、最後までお読みいただきましてありがとうございました。(*_*;。



椛 【5】 竹とんぼのように。。。 2014年06月18日 もみじ物語











二週間ぐらい前の蒸し暑い朝、

何気なく外に出ましたら、

訪問者? 訪問虫がいました。

なんと! クワガタムシ君でした。

草臥れはててひっくり返っていまして、

あやうく踏むところでした。。。


全長2.5cmぐらいの赤ちゃんで、

紙のように薄い子でした。。。

これは助けるしかないと思い、家に入れました。


毎日、お水とキュウリをあげて、

そう、虫かごの中に枯葉も入れました。

樹液ゼリーも買ってこようかなと思いつつ、

もっと大きく、元気になったら放してあげたい。。。

この竹とんぼのように好きなところへ飛んで行って欲しい、です。。。









きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪




路傍に遊ぶ、ヘラオオバコ (箆大葉子)。 2014年06月17日 花めぐり










とある日の路傍に、すっくと伸びていました。
ヘラオオバコ (箆大葉子) というそうです~♪



こんなに風になびかせて、
いたずらっ子がくるくる回っている感じです~♪









この子はツンとお澄ましして、
見れば見るほど可愛いくて、
路傍のお花で終わるのがもったいない・です。








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



薔薇の春 【10】 Moon Shadow 2014年06月16日 ばら物語









まだ^^薔薇が麗しく咲いております~♪
その名は、ムーン・シャドーです。。。


せっかく何枚か撮らせていただきましたので、
薔薇の君に対する流儀として、
変わり映えしませんがアップさせていただきます~♪









1枚の画像をこっちにあっちに変えましただけ、
最後の最後まであらあらでして、いつもすみません!

ちょっとばかりやりくり上手?な紗真紗でした。(笑(*_*;)




長いこと薔薇をご覧いただきまして嬉しかったです^^ありがとうございました~♪



素敵な日曜日を~♪ 2014年06月15日 素敵な休日を~♪









いよいよ、その時が・・・。。。
サッカーのことはよく分からないのですが、
2014FIFAワールドカップブラジル大会
今日午前10時キックオフ、コートジボワール戦ですね。。。



オレンジとレッドの違い、逆さの並びですが、
コートジボワールの国旗がパッと見、
イタリアと雰囲気が似ているように見えました。




【追記です】
初戦は【日本コートジボワール】、残念な結果となりました。
ジャパンブルー^^!!
サムライブルー^^!!
次回20日7時キックオフ、ギリシャ戦こそは、ニッポンガンバレ~!!










きょうは素敵な日曜日^^
ゆっくりとお過ごしくださいね~♪







【 埼玉県毛呂山町 宿谷(しゅくや)の滝。。。 埼玉県には滝がひじょう少ないのでこぢんまりしておりますが貴重です~♪ 】


きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございました~♪



椛 【4】 紅一点のようにも。。。 2014年06月14日 もみじ物語










まるでまるで

紅一点

のようですが









紅一点と言われています お花
それは
ザクロ (石榴)のお花なのですね





この紅い葉たちが
なんとなく
そう見えてきますのが 
ほんとうに 不思議でなりません








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



或る日の、鉄塔に魅せられて。。。 2014年06月13日 鉄塔物語










              赤、白、赤・・・、
              赤、白、赤、白、赤・・・、
              この インターナショナルオレンジがまぶしいです。

              青い空に、鉄塔が凛として咲く・・・、
              花の如く・・・です。

              鉄塔大好き人間には、たまらない景です。。。



              ちょっと無理な感じもいたしますが、
              両手に花 ・・・ でしょうか。。。


              




              またも「両手に花」つながりで、
              ちょっと引いて、
              梅と桜を両手に持つ ・・・ でしょうか。。。


              




              またまたも「両手に花」つながりで、
              もう少し引いて、
              両の手に花と紅葉 ・・・ でしょうか。。。


              








 中心付近にある黒い点・・・、カラスが飛んでいます。。。



 ♪ 電~線は続くよ~、どこまでも~。。。





                       きょうもいつも、お越しいただきましてありがとうございます~♪ 



よく降りますね~! 2014年06月12日 つれづれなるままに









むかし子どもの頃は

雨は嫌いではありませんでした



この茶畑の一角では

フレアースカートを広げて

楽しげに雨粒を集めているようでした









落ちてきたコロコロさんたちは

葉模様が描かれた

ガラスのお皿のようになっていきました









それにしましても よく降りますね。。。

日替わりで強烈な降り日もありまして 5日目となります。


きょうもいつも お越しくださいましてありがとうございます~♪



薔薇の春 【9】 Hagoromo 2014年06月11日 ばら物語









羽ごろもをまとった・・・









天女はどこに・・・









この咲きようでは

見つけられない。。。









ここまで

開いてみせてくれても


はごろも色した

天女はいそうもない。。。









きょうはどこへ

隠れているのでしょう。。。








薔薇あと一度だけ続きますのでよろしくお願いいたします。。。

きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



椛 【3】 あおみどりの香り。 2014年06月10日 もみじ物語










とあるお寺の片隅から

あおみどりの香りが

漂ってまいりました。。。



そよ風が残していった

それは

初夏のご挨拶でした。。。









ここでは何十年も前から

青葉どきには 青い葉

紅葉どきには 紅い葉

ニクイほどに

魅せ場をつくりあげています



甘い陽射しと

友だちになったところから

彩りたちが

移ろいはじめていきました








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



薔薇の春 【8】 Hiohgi 2014年06月09日 ばら物語










梅雨入りの 黒南風 ( くろはえ )

から

梅雨半ばの 荒南風 ( あらはえ )

そして

梅雨明けの 白南風 ( しろはえ )

へと

あっと言う間に移ろうのでしょう。。。









まわりの 

風も

緑たちも

薔薇たちも

夏模様に様変わりしてきました!








薔薇が8回目となりまして、まだ続きますので、
コメントはお気遣いのないようにと思います。(*_*;。

きょうも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



マグノリア、受咲き大山蓮華~! 2014年06月07日 マグノリア物語











昨日も 逢いました^^ 見上げました^^

いじわるな大きな木^^(笑)

マグノリアの木たちは頑張っていました!




今 梅雨空にお椀のような雰囲気をはなって

肉厚感の花びらがひと際目立っていました。




一応 オオヤマレンゲ(大山蓮華)ですが

こちらは ウケザキオオヤマレンゲ(受咲き大山蓮華)です!

上を向いて咲きますので この名前のようです~~♪ (*_*;~!!








ちょっと 横にまわってみました~♪








シベの伽羅色と

花びらの乳白色の

絶妙な美の関係を

ただただながめるだけです(*_*;~!!









きょうもいつも お越しくださいましてありがとうございます~♪


梅雨入りしました~! 2014年06月06日 ハナショウブ物語









                    



今、それほど強くはありませんが、昨日からの雨が降り続いています。

気象庁は、5日午前11時に、「関東地方は梅雨入りしたとみられる」と発表しました。

昨年は、6月10日頃だったそうで、5日早い梅雨入りとなりました。。。


これからのお花たちはしっとり美人となって一段と潤さをましていくのでしょうね。

私的には、この季節がちょっとなじめないのですが、

濡れることもジメジメものりきって、刹那に輝くお花たちを撮りたいです(*_*;。。。



                        







きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



薔薇の春 【7】 Altissimo 2014年06月05日 ばら物語











あくびがでるわ。
いやけがさすわ。
しにたいくらい。
てんでたいくつ。
まぬけなあなた。
すべってころべ。


愛しい相手からこのような手紙をもらったら、
どんな気持ちになるでしょう。










絶望してやけ酒、やけ食いに走るのは早い。
横書き6行の左端を縦に読んでみます。


「あ・い・し・て・ま・す」









和田誠さんのエッセー集『ことばの波止場』(白水社)から引いてきた
詩人・谷川俊太郎さんの作といいます。
          【6月4日・読売新聞・編集手帳から一部抜粋しました】


おなじみとなりました、伝統の言葉遊び、折句です。










言霊の幸わう国であるとつくづく感じました。。。








きょうもいつも、お越しいただきましてありがとうございます~♪



椛 【2】 Hide and Seek 2014年06月04日 もみじ物語









♪ かくれんぼするもの 寄っといで~♪


いつものかくれんぼと反対で

今日は 青鬼さんがいっぱいです!

赤い小丸ちゃんはどこ行った~!!



楽しい かくれんぼのはじまりです~!









ねぇ! 赤い小丸ちゃん・・・

そんなに ぼやけても無駄無駄^^

ちゃんと分かっちゃいますよ~♪



それそれ・・・

イチ見っけ! 見ぃ~っけた~!!








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



薔薇の春 【6】 一輪の白薔薇 2014年06月03日 ばら物語









あぁ^^横顔に陽射しが強すぎて^^

そうですよね^^

ここのところのモウレツな暑さです。









でも 灼熱の陽射しで

ぐったりかと思いきや

それがそれが

素知らぬ素振り。。。









なんとも涼しげで

それでいて

ちょっとお澄ましした









一輪の白薔薇でした。。。









薔薇が続いておりますので、コメントはお気遣いのないように!

きょうもいつも、お越しいただきましてありがとうございます~♪








薔薇の春 【5】 Charles de Gaulle 2014年06月02日 ばら物語









また薔薇です^^♪

その名は、シャルル・ド・ゴール。。。



ラベンダー色という気品あふれる色彩を放っておりまして、

こんな涼しげなハンカチをバックに忍ばせておきたいです~♪









2,3日前から全国的に夏が来てしまいました。

30度越えは当たり前となりまして、

ただ ボォッ~としてフウフウ言っております~!



冷やし中華にアイスコーヒーを何杯いただいたことか、

もう冷たいものばかりです。。。









そうでした^^夜まで暑かった昨夜9時頃、

北北西の空に三日月がくっきり見えました!



そうなりますといつもの癖が・・・、

三日月という曲がリフレーンしはじめました。








きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪



素敵な日曜日を~♪ 2014年06月01日 素敵な休日を~♪










とうとうと流れ続けています

水の流れは 

なんてリズミカルなのでしょう


これほどまでにはじけて
 
水しぶきをあたりに飛ばしながら

この佇まいをつくりあげています



その水たちは

長い旅を続ければ続けるほど

魅了する姿となっていることを

知っているのでしょうか









今日は、素敵な日曜日^^

ゆっくりとお過ごしくださいね~♪






【 新潟県 苗名滝から流れる関川の流れ 長野県側からの緑のトンネルの下で 】



きょうもいつも、お越しくださいましてありがとうございます~♪