ありがとうございました♪ 2013 2013年12月26日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:30








あらら^^くるくるくるくる^^
なんだか忙しそう^^
見つめていますと、目まいがしそうです。。。

どんなお花がでてくるのでしょう。。。
はい! 私の好きな、秋海棠です~♪



きょうで、今年最後の更新といたします~♪
いつも、ご覧くださり、
たくさんの素敵なコメントをいただきまして、
ありがとうございました。
嬉しくて、感謝の気持ちでいっぱいです。。。









みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ、
そして、
来る年も今まで同様、よろしくお願いいたします~♪




   お茶のお花もよろしくとのことです~♪    






シベたちの、荘厳。。。 2013年12月25日 お茶の花・茶畑物語 トラックバック:0コメント:18










ふんわりとした シベたち

圧倒的な ふくらみをもって

もう みごとすぎます~!

その名は

さやまかおりという 茶ノ木です。







こんなに こってりして

つい下を向いてしまうのも

わかるようで

そのたたずまいは

しずかで やさしくて。。。







2mほどの、伸び放題の木は・・・
この黄色い蕊を包み込んでいる 縮れた真っ白な花びらたちでいっぱいでした~!

そのさまは・・・
ツバキのお花をそのまま小さくしたような美しさを放っていました~♪




ここ狭山は、茶どころです。。。

日本の三大銘茶と言われていますのは、静岡、宇治、そして狭山です。。。
         色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす ♪ 
                 むかしは茶摘み娘が歌いながら新茶を摘んでいたのでしょうか。。。


狭山茶は、仕上げの段階で「狭山火入れ」と言われる、強い火入れを行うことにより、
         生まれてくる甘く濃厚な味が特徴で、そのため  味の狭山茶 として親しまれているのですね~!






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪




MERRY CHRISTMAS! 2013 2013年12月24日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:10



              







クリスマスイルミネーションが神秘的にかがやくなか

今日24日は、  クリスマス・イヴ となりました~!



                        

 

                                        





にわかクリスチャンですが・・・、
クリスマスツリーの先端には、大きな星が飾られておりますが、
その星は、不思議な星で、
「ベツレヘムの星」を模したものであると言われているのですね。


聖書によりますと・・・、
東方の三博士が そのベツレヘムの星に導かれて、
誕生したばかりのキリストに会い、三個の贈り物をしたと言われております。
というわけですから、一時的に非常に目立つ星が見えたのでしょうか。。。







     みなさま、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね~♪     




冬ぬくし、柿の葉。 2013年12月23日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:4









わたしは、柿の葉です。。。

秋を彩りました、主役です~♪







わたしも、同じ柿の葉です。。。

秋を彩りました、準主役です~♪







・・・と言っておりますが、

主役と準主役が舞い降りていたのは、

この木、この舞台です。。。


ここは、ひらひらさんたちを、

ひきとめることにかけては主役級です。


こんな地味な色彩ですので、

ちょっと目立ち方がイマイチですが、

やはり今日の主役は、

このトゲトゲの木でいいのではないかなと思います~♪






でも・・・、この木・・・、なんの木でしょうか・・・?


きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪





今日は、冬至。。。 2013年12月22日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:6







今年も余すところ9日となりました~!

そして、今日12月22日は、冬至です。





古来より、冬至は、一陽来復と言い、

悪いことが良い方向に向かうという意味があり、

ゆず湯は、これに備えて身を清めることに始まったとされています・・・・・我が市の広報です~!





今年は、富士山の世界文化遺産登録や2020年の東京オリンピック開催決定など、
わたしたちを勇気づけてくれる出来事が続きました。

さらに日本が元気でよい方向へ向かうよう願いながら、ゆず湯に入りたいと思います。


・・・と言っておりますが、
あと9日だけとなりまして、どなたにでも平等に流れる時ですが、これから焦る日々が続きそうです。





                    きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪

万華鏡風に、ボケの花~!  2013年12月21日 下手な画像いじり トラックバック:0







先ほどの 円い画像 を、 万華鏡風 にしてみました~! 




もちろん、万華鏡って、
自分でまわしているのですが、
知らないうちにこの中に入っているような、
気がつくとこの中でまわされているような、
なんとも不思議な世界が広がっていきます~♪




万華鏡は、 万の華を映し出す鏡! ・・・ですね~♪








その万華鏡に惹かれますのは、
透明感のあるどこまでも続く、壮大な光の空間です。

ときには、

絵画的空間、
芸術的空間、
科学的空間、
宇宙的空間、

そんな色彩の園は、とどまるところを知りません。。。











せっかくですので 四角い画像 も、 万華鏡風 にしてみました! 







前回と同じ内容ですので、コメント欄は閉じさせていただきました。。。

きょうも、ボケのお花によります万華鏡風を、ご覧いただきましてありがとうございました~♪ 






パッチワーク風に、ボケの花~! 2013年12月20日 下手な画像いじり トラックバック:0コメント:14












ボケ木瓜 ) のお花です~♪
赤いお花たちがかたまって咲いていました。。。



この、四角い画像は・・・、
いろいろな表情を切り取りまして、
9枚のモチーフをつくってみました。。。 



これは・・・、四角い画像を、
パッチワーク風にして、ひと針ひと針、縫いました? 











きょうの元画像、モデルたちです~♪









同じ9枚のモチーフですが、

今度は、円形で作ってみました~!


四角形と円形では、

雰囲気がぜんぜん違うものですね~♪









あと1度続きますので、どうぞよろしくお願いいたします~♪

きょうも、ボケのお花をご覧いただきましてありがとうございました~♪






惜秋の東郷公園・秩父御嶽神社 【3】 2013年12月19日 埼玉県めぐり トラックバック:0








せっかくここまで来ましたので、
秩父御嶽神社 (ちちぶおんたけじんじゃ)に向かいます!

東郷元帥像を後にしますと、前に立ちはだかるのは、この階段です。

半端ではない 368段 もあるそうで、
それが急で、ひっくりかえりそうになりますので、トーンダウンします。




実にお参りは修行です~!!




もう、脚がガクガク、
青息吐息で山頂まで登ってきました。

頂には、秩父御嶽神社があります。
こちらは本殿。 
「秩父御嶽神社」と描かれた扁額がかけられております。

お参りするときは、祈りが本山の神々にこだまするようにと、
木曽の御嶽山を遥拝する向きに、造営されたそうです。
ちなみに、
現在の本殿は、平成10年の開山百周年記念事業で新しく建て直されました。




その脚がガクガク・・・。

この鳥居をくぐるまで、
何十分かかったでしょうか。




若い方の姿もけっこう見られました。




すてきな後ろ姿です。。。




下を覗きこみますと・・・



やっと足が置けるほどの、
行きも帰りも厳しい階段です。。。
ちょっと前かがみで撮りました(笑(*_*;~♪)




そんなドジな姿に灯篭もほほえんで・・・。




おふたりは何を眺めているのでしょう。。。



それは・・・                               
                                  東京スカイツリー
                     この山頂から見えるのですね~♪ 薄っすらですが感激です~♪

                前回と同じですので、お気遣いのないようにコメント欄は閉じさせていただきました。
               東郷公園・秩父御嶽神社を3回にわたりご覧いただきまして、ありがとうございました~♪

惜秋の東郷公園 【2】 2013年12月17日 埼玉県めぐり トラックバック:0コメント:12







山の中腹まで登ってきますと、
東郷平八郎立像が待っていました。

まるで紅のシャワーを浴びているようです。





             横にまわってきました。。。

            


            






後ろにもまわってみますと、
見事に立像は紅く染め上げられていました。





その横を見ますと、



厳めしい甲板がありました。
日露戦争での、弾痕の、「三笠の甲板」です。





あっちこっち、
どっちを向いても、紅、紅、紅です~!!







せっかくここまで登ってきましたので、
  急な階段がイヤですが、秩父御嶽山神社まで行きたいと思います。

                   さらに続きますのでよろしくお願いいたします~♪  




惜秋の東郷公園 【1】 2013年12月16日 埼玉県めぐり トラックバック:0







大鳥居に 「御嶽山」 と描かれた扁額が掲げられております。

     こちらは、御嶽山東郷公園 (おんたけさんとうごうこうえん) です。

          東郷公園ですので、山中腹には、東郷平八郎銅像 があります。

「もみじまつり」と言うほどですので、この山全体が紅い公園となります。      【東郷公園 秩父御嶽山神社】   【地 図】


これから大鳥居をくぐります。




すぐ右手には、畳一畳ほどの朱い下駄が置かれておりまして、
「一歩一歩ふみしめて登る」・・・と描かれておりました。




一歩一歩ふみしめて登って、
先ずは、二の鳥居をくぐって行きます。




この山頂には、御嶽山神社がありますが、
それはそれは、
急な階段あり坂ありと、険しい道のりが待っていました。




右手を見ますと、
紅い緞帳がかけられているようです。




少し近づいてみますと、
緑と紅の共演がありました~♪






登ってきた道、
これから登る道、
さらに登って行きます。。。





まだ続きますので、お気遣いのないようにコメント欄は閉じさせていただきました。。。

                   さらに東郷公園、よろしくお願いいたします~♪  

水面の宝石たち。 2013年12月14日 花めぐり トラックバック:0コメント:10









10日前までは

眩しいほどの貴婦人でした

葉たちは

今年の仕事が終われば

はらはらと舞い落ちていきました

そして

水辺の小石たちに引き寄せられて

いつしか

宝石の山となり

輝きはじめていきました








ちょっとオーバーですが、不老川を鳥瞰した気分です。。。


きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪




光と影の、ゲーム。 2013年12月12日 花めぐり トラックバック:0コメント:10








わたしは 葉っぱ
でも
わたしは ひかり

あなたは かげ
でも 
あなたも 葉っぱ

あなたも
わたしも
同じ 葉っぱです







虫さんがつくった
キツネさんのような
イヌさんのような感じですが
これでは
ちょっと分かりにくい・ですね



木の下に入りますと
まだ
キツネさんらしきものがひっくりかえっていました。







一本のコナラ?の木から
こんな光景が広がっていました






                 いつも見てくださって嬉しいです^^きょうも、ありがとうございました~♪


もみじたちの、インセンス。 2013年12月09日 もみじ物語 トラックバック:0コメント:8








紅葉のなかでも古くから愛でられてきたのは、かえでです。。。


楓の木自体を、「もみじ」と呼ぶところも少なくないような気がします。


日本には数多くの種類の楓がありまして、世界でも最も多いそうですね。


となりますと当然、紅葉の色合いも豊富になるわけです。


世界で、紅葉のいちばん美しい国といわれるのも、全く理由のないことでもないのですね!!








ところが「万葉集」の時代には、「もみじ」と言えば黄葉をさすことが多く、


紅葉がもてはやされるようになるのは、都が京都に移ってからのことらしい。。。


この時代になりますと、梅も白梅よりも紅梅が好まれたということですから、


紅は、人の心に、ことのほか麗しく映じたようです。。。








手庇をしますと、あたりの紅葉の色たちがてのひらを透けるようでした。


きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪  




青い手紙に、黄色い気持ち。 2013年12月08日 花めぐり トラックバック:0コメント:10








師走はじめのとある日

青い手紙が届きました~♪


それには

黄色い葉文字

気持ちが描かれていました~!


それは眩しく

その色たちのコントラストは

なぜか

優しく微笑んでいるようでした~♪







優しく微笑んでいるとか、

青い手紙のあとですが、

やはり極め付きは、

ギンナンのおかげで 食しても楽しんでいます~♪


その一方で、

中世代に最も栄えたグループの唯一の生き残りという、

植物学的にも貴重な存在だそうです。。。







生長も早く、寿命も長いですが、

実がなるまでも長く、

孫の代までかかる木ということから

公孫樹という意味である・・・とか。。。




それにしましても

この清々しさはどこからくるのでしょうか!






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪


錦秋の多聞院 【4】 毘沙門堂 2013年12月06日 もみじ物語 トラックバック:0





  まだ多聞院におります~♪  続きますのでよろしくお願いいたします~♪  









毘沙門堂の右側にまわってまいりました!



いつもですと

長い年月から流れてきます 渋いお堂ですが

その日は

木々から発するスパイスがきいているようで、

なにやら 

紅色に染まっているような気がいたします~♪









お堂の屋根と競うように


これほどまでに


横に大きく枝をのばしています







同じ木ですが

見事に横にのびています




天狗の団扇のようにもみえて

むかしばなしが作れそうです







毘沙門堂と本殿をつなぐ渡り廊下です








  前回と同じ内容ですので、コメント欄は閉じさせていただきました~!
  4回にわたりまして、多聞院の紅葉をご覧いただきましてありがとうございました~♪  










錦秋の多聞院 【3】 流れる川の如く 2013年12月05日 もみじ物語 トラックバック:0コメント:8



  まだ 多聞院 (たもんいん)におります。 続きますのでよろしくお願いいたします~♪






この地に 川ができたかの如く

落ち葉たちが

流れていくような風流感をもち







その川は

その葉たちを

集めに集めて

流れを想わせています







そして 

その川は

その流れは

足元まで

伸びてくるようで







そこをのぞきこめば







濡れるのをきらって

一歩二歩 

後ずさりしていました






  きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪  







錦秋の多聞院 【2】 鬼の悟り像 2013年12月04日 もみじ物語 トラックバック:0





 多聞院 (たもんいん) 続きます~♪
                いきなり力んでおりますが、どうぞよろしくお願いいたします~♪ 






両手を引き締めて、グゥ~ンと力を入れております。。。

       こちらが、お馴染みの ・・・ 鬼の悟り像 ・・・ です。

             そうなのです ・・・ 我慢の鬼 ・・・ と言われております。


これは、わがままを通す人たちへの戒めの意を込めたポーズだそうで、なんともユーモラスな表情にも見えてきます~!






なんとも苦しそうですが、
じっと、がまん、耐えております。。。

気持ち的に、紅くなっているようにも見えますが。

しかし、この足はどうなっているのでしょう~~?






この像は、
毘沙門堂に続く参道に鎮座しております。






その横には、
真っかな鳥居が目に飛び込んできました。






鳥居、鬼の悟り像の上には、
真っ赤な屋根が覆っておりまして、紅く染めていました。






青空を隠すほどの、
見事な枝振り、紅色たちでした。。。







            前回と同じですので、お気遣いないようにコメント欄は閉じさせていただきました~♪

              きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪  






錦秋の多聞院 【1】 くれないの景 2013年12月03日 もみじ物語 トラックバック:0コメント:12









11月末のとある日、多聞院・毘沙門堂を訪れました。

いま毘沙門堂の屋根を眺めておりますが

そこには

320年前の香りとともに 錦の秋が描かれていました。







お堂を覆うほどの一本のモミジの木からは

歴史をも感じる 

真紅の色彩がきょうれつに放たれていました。







この真紅

ときには深紅

・・・・・・・

言いようのない色たち







あっちでもこっちでも

紅い劇場が続いています。













くねくねした、主。。。







上ばかり見あげるしかありません。。。







結ばれていたおみくじも紅く染まっているようでした。。。







きょうも、同じような画像ばかりで恐縮です。 ご覧いただきましてありがとうございました~♪







ある日の、シダたち。 2013年12月02日 花めぐり トラックバック:0コメント:4









先日、秩父御嶽神社へ向かう階段脇では、
まだ瑞々しいシダが頑張っていました~!



今、主役はこの、アオイシダ。。。
後ろには役目を終えた、先輩シダがいました。







主役交替しました・・・ですが、
両方ともぼけてパチッといかないものです。







枯れても、いぶし銀の輝きをもって
さすが寂れる美を感じます。







覗いてみれば、
なにやら先客あり。

旬の人ならぬ、
旬の紅い葉でした。

居心地よさそうな、
お部屋となっていました~♪







今年は、暑かったですね~!
ほっと一息の秋も忙しなく通り過ぎ去りました。


たいへんお疲れさまでした。
これからはゆっくりおやすみくださいね~~♪


・・・と、シダたちにはなしかけていました~!






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪


今日から師走~! 2013年12月01日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:8











朝晩めっきり冷え込んで、すっかり冬の装いとなっておりますが、

昨日今日は、小春日和となりましたので、ホッといたしました。

初冬から仲冬へ、これから晩冬へと、厳しさとともに移ろいでいくのでしょう。












早いもので、今日から12月・師走、

残りわずか1か月となりました。

あぁ~~焦ります^^、お坊さんも走るようです!





もちろん電車はいつも疾走感もって走っております!












この薪たちは、こんなにキレイにカットされて、

お顔のようで、ウィンクしてくれました。

まるで! アートのようなたたずまいです。。。



でも、来年4月まではどんどん使われていくというのですから、

にこやかな表情はすぐに崩れてしまうのでしょうね。。。

これは、八千穂高原のお蕎麦屋さんの軒下にありました~♪







きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪