入間ジョンソンタウンの、ランタン。 2013年10月30日 入間ジョンソンタウン トラックバック:0コメント:18







ここは、 入間(いるま)ジョンソンタウン です~!                【 入間ジョンソンタウン 】       【 MAP 】


ジョンソンタウンですから、
この町はハロウィンが派手ムードなのかなと思いましたが、
いやはや、こんな地味な感じでした~♪





看板・ねこちゃんでしょうか!
えらいです~! お店番しているのでしょうか。。。





そのお店・・・、
一対のランタンが置かれ、お入りくださいという感じです・・・。





奥のランタンも、同じ歓迎ムード全開です。。。





ビールたちに囲まれて、とびきりの笑顔になるわけです。。。





こちらの、ドッグカフェ・BLUECORNも地味でした。。。





でもこれは、正真正銘のハロウィン・カラーでした。。。





こちらも、伝統色のハロウィン・カラーです。。。

もとに戻して、探します。。。



おばけぇ・・・、
やっと、雑貨屋さんで見つけました~♪


奥に進んできますと、
ちょっとそれらしき・・・景です。。。




              そうです~! これがハロウィンの王道です。。。


             


               心がまぁるくなりそうで、家の中にこんな雰囲気を飾るのも楽しそうです~♪




                     きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪


HAPPY HALLOWEEN 2013 2013年10月29日 つれづれなるままに トラックバック:0







                                      
                        










                                                   
          
                                      










ちまたでは・・・ハロウィンです。。。

その、ハロウィンはいつ・・・?

これは、キリスト教の万聖節にあたりますので、
これを祝う3日間の、毎年 10月 31日から 11月 2日までを言います。

今日 29日は ・・・ ハロウィン ・ イヴイヴ
明日 30日は ・・・ ハロウィン ・ イヴ・・・とういうことになります。









Trick or Treat! ・・・。

               ・・・お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ ・・・ って。


これって 日本のお年玉にも似ているような気もして・・・、なんだか楽しいですね~!





     




カクテル 「 ミモザ 」 のつもりです。。。

シャンパンにオレンジジュースを入れて軽くステアして、この鮮やかなミモザのお花が咲きましたので、カンパイです~♪


     ハロウィンの色といえば・・・ 「 オレンジ 」と 「 」が伝統的な色とされています。

     この色を元に、上の画像たちは、
     「 ワード 」・「 オートシエイプ 」の「 直線 」・「 曲 線」・「 月 」・「 星 」・「 楕円 」などを使い、描いてみました~♪


これまで、つたない画像をご覧いただきましてありがとうございました~♪  コメント欄閉じさせていただきました。。。






  

大理石村・ロックハート城 【4】 2013年10月29日 群馬県めぐり トラックバック:0













この奥にあるものは・・・











こんな・・・











こんな・・・











お城でした・・・










見学の方には消えてもらわないで、画像遊びしました~♪

これで、ほんとうに終わります~♪ 


コメント欄閉じさせていただきました。

きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~~♪





大理石村・ロックハート城 【3】 2013年10月28日 群馬県めぐり トラックバック:0コメント:14







どこに目をやりましても、ハート、ハートたちですが、
この絵馬たちがそこかしこにぶら下がってかわいいです。。。

もともとこのお城は、「 LOCKHART CASTLE 」 でしたが、「 LOCKHEART CASTLE 」 になってしまったのですね~♪





ロックハート城へは、このハートバザールを通りぬけまして、
ヨーロッパの街並みを再現していまして、グッズは、直輸入されたファンシー雑貨でした。。。





ゆっくりと坂を上りますが、
絵馬たちのカラカラと風に揺れる音も気持ちよかったです。。。





そっと外から撮らせていただきましたが、
これはこれは、時を超えて、夢みるゆめこになります~♪





おしゃれなベンチ発見!
疲れてはいないのですが、見れば座りたくなります~♪





とはいぇ!ふうふう~!
ちょうど中間ぐらいまで上ってきました。





もう少し頑張って上りますが、
もう、ちらちらとグッズが気になります。。。





やっとショップを通りぬけますと、
ちょっとした広場となりまして、爽やかな風のお出迎えです。。。





でも、ふぅ~うです。。。





絵馬たちが風に揺れたり、
きらきらと、色が濃くなったりしていました。。。





ピンクのお花、シュウカイドウも可愛さをふんだんに~♪









ここで、ひと休みしませんか。。。





そう、ここでも・・・。。。





                  3回にわたりまして、ご覧いただきましてありがとうございました~♪

大理石村・ロックハート城 【2】 2013年10月26日 群馬県めぐり トラックバック:0コメント:8




             


              ロックハート城の中に入ってまいりました~♪

              いきなり天井です! あまり大き過ぎまして、おさまりません。。。






正面には、このような飾りつけがなされております~♪



世界に一つしかないサンタクロースは、

ジョウジ王子のご誕生を祝福しております。。。






二階には、ショップやサンタミュージアムがありますので、上って行きます~♪




大理石の階段です。。。




ふり返ってみました~♪








二階、ギャラリー、ショップです~♪




こちらは、中二階となります~♪







「お城図書館」です。

ロックハート城ゆかりの英国文豪「ウォルター・スコット」の初版本や城に関する書物がおさめられております。




こちらは、世界のサンタミュージアムとなっております~♪

世界から集められたサンタタクロースを一堂に展示されております。




リアルすぎます。。。

世界に一つだけの、等身大のサンタクロースもいくつかありました~♪





あと1度だけ続きますのでよろしくお願いいたします~♪ (予約投稿です。。。)

大理石村・ロックハート城 【1】 2013年10月25日 群馬県めぐり トラックバック:0コメント:16







なんとも木漏れ日が気持ちのいい、初秋のとある日のことでした。

この先にあるものは・・・?

一歩足を踏み入れれば、小さなヨーロッパと言われております、ロックハート城 (Since 1829 Established 1993)です~♪   

                  【 ロックハート城 】     【 MAP 】 群馬県吾妻郡高山村





北関東ではじめての「恋人の聖地」と言われております。。。

出来立てほやほやの20年前に家族と訪れましたが、

今回も、まるっきり関係ないのですが、日本ロマンチック街道から足が向いてしまいました~♪





さすが英国の、よみがえる古城です。。。





この気品ある、優美さには圧倒されるだけです。。。





ツタのからま~るお城で・・・♪





煙突さえも誇らしげ・・・。





ドレスをまとい、プリンセス体験されていらっしゃいましたので、撮らせていただきました~♪





小ぢんまりした石造りのセントローレンス教会があります。





こちらの塔は、「スプリングベル」といいまして、

塔の上の鐘を鳴らせば、永遠の愛をもたらす・・そうです。





敷地内には、このように「ハートの絵馬」が至るところにかけられておりました。

      パスポートもいりませんで、本場のお城にお邪魔することができました。。。

            まだ続きます~♪ これからお城の中に入ってみますのでよろしくお願いいたします~♪



秋薔薇 【3】 2013年10月24日 ばら物語 トラックバック:0コメント:8







また薔薇です~♪ どうぞよろしくお願いいたします~♪






今、うす紫色の薔薇が嫋やかに咲いております~♪

もし、色彩を時代でイメージするならば、
このうす紫色は、勝手ですが、平安時代を意識します~♪


早いもので後1週間もしますと、11月に入ります。。。

いよいよ11月1日より、年賀はがきが売り出されるわけですが、
最近は、年賀状をメールや電話などで済ます方も少なからずいらっしゃいますね。

形式的すぎる、億劫である、自分的でないと出さない方もいらっしゃいまして、
年賀状から遠ざかること、よく分かります。







しかし、日本人には、言葉に対する 言霊信仰 というものがあるようで、
「おめでとう」と書いて送り、受け取りますと、
ほんとうに、平穏に暮らせる、いいことが起こるかもしれないと思う気持ちがありますね。

その信仰から、この習慣は、平安時代から行われ、
賀詞を送ったり(使いの者が届ける)、受け取って、
お互いに、向こう1年間の健康、安全を願ったそうですね。。。

年賀状は、郵便のなかった平安時代から行われていた・・ステキなことです。。。

けっこう風流な時代であったなと思います。。。






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪




慈愛に満ちて、子育て観音(金昌寺) 2013年10月23日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:10











なんて! 優しく慈愛に満ちたお顔をしているのでしょうか。

この、子育て観音 は、

高谷山(こうこくさん) 金昌寺 (きんしょうじ) の観音堂に鎮座しております。







2年ぶりに、会いにまいりました~♪

この観音様は、

「マリア観音」という名でも知られております。







子どもを抱いたそのお姿は、ごく自然・・・

この像を目の当たりにしますと、

時を超えた愛を感じずにはいられません。







すぐに近寄れますので、

妊婦さんらしき方が触れておりました。

信仰の一つ、となっているようです。。。














この寄進者は、寛政4年(1792)、江戸の吉野屋半左衛門と言われています。

その半左衛門ですが、金昌寺のご本尊の霊験で子どもを授かったものの、
その後、妻と子どもをあいついで失ったため、
生前の母子の姿を浮世絵師に下絵を描かせ、建立し供養した像と言われています。

今から、220年前に、この像が存在していたことに、感動を覚えます。






何度か訪れておりますが、そのたびに慈しみ深い眼差しが印象深く残ります。。。


きょうも、子育て観音(秩父市・金昌寺)をご覧いただきましてありがとうございました~♪




秋薔薇 【2】 2013年10月22日 ばら物語 トラックバック:0コメント:14






また薔薇です~♪  どうぞよろしくお願いいたします~♪






両手を胸の前でうけるように、
ほんわりと花びらが開いております。

やさしくやわらかな雰囲気は、
なんとも言えない色彩を奏でていました。







どことなく、この色たちは、鮭の身の色に似ております。

そのままの鮭色では、あまりに味気ないので、
サーモン色と呼びたいのですが、
なんとなく、語呂がいただけないような気がします。

サーモンときますと、その後に必ずと言っていいほど、
ピンクがつきますので、
お決まりの、サーモンピンクの色と呼んでみたくなります。







きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪





わたしは、イクラ?! 2013年10月21日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:6









この赤い実たちは・・・、
ツルウメモドキ?サンシュユ?ハナミズキ?
よくわかりません。
そのようなことは難しくて、どちらでもいいですね~!

なんだか、 イクラ に見えてきました~♪

オリーブ油で光沢つけるのもいいですが、
塩漬けでも醤油漬けでもそのままでも、美味しいですね~♪

そもそもイクラって、何語~!!

いくら・・・?
ですから、ポルトガル語かと思っていましたが、
これが、意外や意外、「ロシア語・ikra 」なんだそうですね。。。

ロシア語で・・・、 「粒状の卵」 「魚の卵」という意味だそうです。

となりますと・・・、
「スジコ」も 「タラコ」も 「キャビア」も、 「イクラ」になるわけですね~!
お正月に縁起を担いでいただく 「カズノコ」、あと「トビッコ」に 「シシャモッコ」も。。。

イクラの中で・・・、
一番高価で珍重されているのは、チョウザメの卵で、
これがグルメたちの垂涎の的となっているのが、あのキャビアなのですね。
英語では「キャビア・caviar」、フランス語でも「カビア・caviar」。。。あらら! 同じですねぇ?

そもそも、イクラは「赤いイクラ」で、キャビアは「黒いイクラ」・・・、などと勝手に思う秋の空です。。。






                   きょうも、ぐたぐた話をご一緒いただきまして、ありがとうございました~♪


秋薔薇 【1】 2013年10月20日 ばら物語 トラックバック:0コメント:8










バラです~♪

秋バラが咲きました~♪

ビタミンカラーふりまいて、

眩しいほどに輝いています~♪

やはり、

バラは、薔薇と書きたくなります~♪









よく見ますと、えくぼがありました。

えくぼもかわいくて、

これがあるからいい感じでして、

素敵なアクセントになっていました~♪







きょうも、秋薔薇をご覧いただきましてありがとうございました~♪


秋色と夏色が同居して、琵琶池。 2013年10月19日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:4









わたしは 先に秋色になったけど
あなたは まだ夏色のままなのね

あした色変わりする
それとも
あさって色変わりする

いつでも 一緒なんだから
早く変わってくれないと
わたしは もう散っちゃいそう

まわりを見れば
紅いスターがわんさかいるけど、
この色で散り終わるのも
なんだか 渋い才能というものね

まだまだ夏色たちへ
秋色たちの、
おしゃべりが聴こえてきました







きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪


やさしい朝、八千穂高原。 2013年10月18日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:12










いま・・・・、 白樺の小径 を歩いています。

ここは・・・、 信州・冷涼の園と言われております、八千穂高原 です。

ときは・・・、7時半ごろですが、まだまわりの景色はぼんやりでした。      ■ 八千穂高原 ■








なんともやさしい朝の幕開けです。







木々たちにも、草たちにも、そして土たちにも、

いつものように、大切な時間がやってきました。







まわりに目をやりますと、

ここも、いい・・・。







近づけば、

ここも、いい・・・、

見るものすべて、

ここも、いい・・・。






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪ 




これも紅葉です、一沼。 2013年10月17日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:16











一沼 (いちぬま)・志賀高原です。。。

前回の、琵琶池の隣にあります。



この沼の、蒼さがきわだつほどに、

睡蓮の葉たちも紅葉してきました。







葉たちは、ピィーンと張りつめて、







青緑、緑から橙色を超えて、

紅い色になるまでの、色彩が実にうつくしい。。。







錦を浮かべる沼になるのももう少しでしょうか。。。






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪




待って~! (妙高高原) 2013年10月15日 新潟県めぐり トラックバック:0コメント:8










赤い葉っぱは・・・♪

黄色い葉っぱは・・・♪

面白い葉っぱは・・・♪


みんな落ちちゃったね。


枯れた葉っぱでもいいから

袋にいっぱい入れたいね。


あっちに行けば、

もっとあるかもしれないし、

ねぇ、行ってみよう。。。






【 妙高高原・県民の森から・・・あまりに後ろ姿が可愛かったので撮らせていただきました 】




橙色の秋、キンモクセイ。 2013年10月14日 花めぐり トラックバック:0コメント:14










今、キンモクセイの花たちが、

馥郁とした香りとともに、

うららかに咲いております~♪


しかし、


風に吹かれて、はらはらと、

舞いおりていた橙色の花たち~♪








散り方にもアートを想わせて、

ちょっとばかりの芸術家たち。。。








まるで、

パズルのようにも、

そう、

道を、想わせています。








どの道まわれば、

いちばん早く着けるかな、

でも、

こっちに寄って、あっちに寄って、

たまには、

道草なんかもいいかもしれない。


気まぐれな秋の空は、

そんなことを思っているのでしょうか。





水の秋。。。 2013年10月12日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:2







落日を見るのも少し早くなりまして、

夜が長くなりました。

虫の音も気持ちのいいものとなりました。。。


10月も10日過ぎといいますのに、

行く夏と、来る秋が、行ったり来たり、

昨日のこちらは、半袖が気持ちいい日となっておりました。。。







今は、ゆっくりと、

優しく染まる水たちを眺めていたい、

そんな気持ちです。。。








↓ 前回の、奥四万湖の水たちです~♪

   
元・元画像です。。。                                 元画像です。。。


きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪

四万川ダム(3/3)コバルトブルーの輝き・奥四万湖 2013年10月11日 ダムめぐり トラックバック:0コメント:14








四万川ダムのダム湖、 奥四万湖 (おくしまこ) です。。。

               【 四万川ダム 】        【 MAP 】 群馬県吾妻郡中之条町四万






ダムといいますと、やはり湖も魅力的です。。。

その日の湖は、
静かに、コバルトブルーの色景色をたたえていました。。。













湖の水面に、オレンジ色の浮きのようなものが繋がっておりますが、
これは、湖に流れ込んだ木やごみが、ダムの放流設備に入り込まないようにしているものだそうで、
「網場(あば)」とか「流木止め」と呼ばれ、水に浮く構造になっているそうですね。。

なお中央に見えますのは、管理用の船のゲートだそうです。






             左岸を眺めれば・・・、

             前日からの大雨でごみらしきものが流れてきましたが、
             それがかえって、おもしろい模様をつくりあげていました。


             







おふたりが止まっていれば、なんとなく、私も止まる。
私が止まっていれば、なんとなく、おふたりも止まる。

見る壺、
笑う壺、
感じる壺が、なぜか同じ。。。

そういうことってけっこうありますよねぇ。。。($・・)/~~~

天端を歩きはじめてから、
嬉しい想いで愉しみましたので、後姿だけ撮らせていただきました~!






ダムカードをいただいてまいりました~♪

このカードは、コンビニや駅にもおいておりませんし、こんな山奥まで来なければならなくて、
極め付きは、お役所の時間帯でなければいただけませんので・・・、これってけっこう大変・・・。^^(笑)^^。





               3回にわたりまして、四万川ダムをご覧いただきましてありがとうございました~♪




四万川ダム(2/3)天端を歩きながら 2013年10月10日 ダムめぐり








もう^^ふうふう、青息吐息!
先ほどの公園から、そんな感じで上がってまいりました。

               【 四万川ダム 】        【 MAP 】 群馬県吾妻郡中之条町四万





一見、お城のようにも見えます。。。

なんともなメルヘン調を想わせて、
こちらが、四万川ダム (しまがわダム)全景となります。。。





ツンと澄まして、
ススキたちも誇らしげです。。。





気をつけないと、
左端の茶色の巣は、スズメバチの巣です。





これから天端を歩きますが、
なんと! 330mもあります。。。





左側には、陶板画のお迎えが・・・、
こんなかわいい絵がたくさん、はめ込まれていました。





右側には、先ほどの公園です。
直下流となりまして、その先には四万温泉があります。

前回は、その場所から見上げておりました。。。





150mぐらい歩いたでしょうか。
ちょうど、
中間地点まできましてふり返ってみました。。。





ちょっとのぞき込めば、
もう、ヒヤリするしかありません。。。





やっと天端を歩き切りました~♪
反対側から眺める堤体も優美そのものです。。。





あと1度だけ続きますので、よろしくお願いいたします~♪

                   前回と同じですので、コメント欄は閉じさせていただきました。。。



                         (ニホンカモシカの親子でしょうか。かわいい~♪)




四万川ダム(1/3)奥四万湖・群馬県 2013年10月09日 ダムめぐり トラックバック:0コメント:18








9月中旬のとある日・・・、
アジサイは、最後の力を振り絞って咲いていました。
まだまだここには晩夏の名残りが陣取っておりました。。。





陽射しが燦々と照りつければ、
ムクゲがまぶしそうに、お顔をそらしています。。。





こんなときには、
蛇口を見るだけで涼しくなるのが不思議です。。。





ここは、四万川ダム (しまがわだむ) 、ダム湖は、 奥四万湖 (おくしまこ)です。

                         ダムをこのように、下から眺めるられるのはめずらしく、とても貴重であると思います。


               【 四万川ダム 】        【 MAP 】 群馬県吾妻郡中之条町四万






もう嬉しくて、
左側から眺めてみたり・・・


これ以上寄れないという、
右側までまわって眺めてみたり・・・





正面にまわってみたりしますが、
大きすぎて全景が見られません。。。





大きく手を広げたように、
今日も、ダムはがんばっていました。





この力強い景観には、
ただただぐっとくるだけです。。。





きょうも壁たちは、
静かにしずかに語っておりました。。。





  これから上りまして、天端を歩いてみたいと思いますので、よろしくお願いいたします。。。

                                     きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました(#^.^#)~♪




てふてふ・・・、そう呼んでみれば。。。 2013年10月07日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:16









てぷてぷ。

てふてふ。

てうてう。

ちょうちょう。


「蝶」・・・これは、中国語。
これが昔の人には、
「てふ」と聴こえてしまったのですね。


チョウが元気に舞ってくれましたなら、
めんどくさい字音仮名遣などのことは、
どちらもいいですね。。。


羽根の真ん中の、
白い丸ばかりが気になりまして、
お目目にピントがあやしいのですが、

これは、「モンキチョウ」っていうのでしょうか。。。^^(#^.^#)^^






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪

昼下がりのお散歩、鎌北湖。 2013年10月06日 埼玉県めぐり トラックバック:0コメント:10









10月はじめの、晴れた昼下がり・・・、

溜池潅漑でもあります、緑の池、

鎌北湖 (かまきたこ) を歩いていました。






晴れてはいるものの、

どことなく、

気だるくまったり感が漂っております。






そんななか、湖に浮かぶ黄色い取水塔は、

ひときわ存在感をまして

水たちや木々たちと慣れ親しんでいました。






いつものことですが、

鎌北湖=取水塔

と決めつけておりまして、

やはりこの景に魅入るばかりです。






木々たちも葉たちも、湖面も、

しずかに、

秋色を意識しはじめているように見えました。






湖面には、遠慮がちに、

秋空がのぞいています。











白い妖精が、湖面にただポツンと。。。






あの黄色く見えていた、こちらが取水塔の壁です。。。






きょうも、昼下がりの鎌北湖をご覧いただきましてありがとうございました~♪




ひとやすみ ひとやすみ。 2013年10月05日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:10









椅子を見ますと

すぐに座りたくなります

そう

ひとやすみしたくなります


遅くなるので帰らないと

でも

なんとなく

この椅子で

ひとやすみしたくなります








そういえば

あの 一休さんだって

「あわてないあわてない ひとやすみひとやすみ」

って言っておりました



想い出したからには

ますます ひとやすみしたくなります



いつも 

ひとやすみばかりしていますが

たまには

この 

めずらしい空気観のなかで

ゆっくり ひとやすみしていきます







                     今日も、ご覧いただきましてありがとうございました~♪


赤と白・・・、彼岸花! 2013年10月04日 ヒガンバナ物語 トラックバック:0コメント:12








いつものヒガンバナとは違うような

なんだか

まったりとしてとてもかわいらしい







秋の陽射しをいっぱいうけて

まぶしそう

あっちでもこっちでも

じゃれあって

こんなに仲良しだったのですね







あぁあぁあ! 眠そうで

白いお布団に包まれて

なんとも気持ちよさそう


きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪



コロンのつもり、シュウカイドウ! 2013年10月03日 シュウカイドウ物語 トラックバック:0コメント:10





                         



コロン・・・、雫です。。。

そのコロンに憧れてどのぐらいたつのでしょうか。。。


あまりはっきりしませんが、

その、コロン撮れました! 撮れましたつもり ・ です!

どうぞ温かい目で見てください~♪ よろしくお願いいたします~♪


気になるお花・・・、シュウカイドウ (秋海棠) です~♪








もう少し近づいてみます・・・と、






かえってぼけてしまいました。。。 (#^.^#)






こちらの花びらは、潤ってほがらか。。。






まぶしいほどに、真珠のように輝いて、

コロンたちがたくさんできていました~♪






湿り気が、景色を変えています。。。







きょうもご覧いただきまして嬉しかったです^^、ありがとうございました~♪

宿谷の滝(2/2)埼玉県毛呂山町 2013年10月02日 滝・渓流めぐり トラックバック:0








水たちは、凄まじい勢いで滝つぼにたたきつけられていきます。

               宿谷の滝、続きます・・・、どうぞよろしくお願いいたします。。。







実は、私が訪れました時、

先客がおりまして、三人の若い男性のおひとりが、

ずぶ濡れで、頭を拭いておりました。。。


まさかと思いましたが、

「滝に打たれていらしたのですか?」と尋ねましたら、

「はい!そうです!気持ちのいいものですよ!」と、

爽やかな声がかえってきました。







寒いでしょうにと、

あっけにとられておりますと、

冗談まじりに、

「モデルになりましょうか?」と、

気のきいたことをおっしゃってくださり、

すっかり打ち解けてしまいました~♪







この滝には、たびたび訪れるようで、

この霊験新たかなところがいい~!

この滝の水は、すがすがしい~!

木々たちの風格がなんともいい~!

三人ですから、どんどんでてまいります。。。







篤く語ること、30分!


私は、うんうんと頷くばかりでした。

そう、近くにお住まいの学生たちでした。


ステキな秋の、滝日和でした~!!







2回にわたりまして、宿谷の滝をご覧にいただきましてありがとうございました~♪

前回と同じですので、お気遣いのないようにコメント欄は閉じさせていただきました。

宿谷の滝(1/2)埼玉県毛呂山町 2013年10月01日 滝・渓流めぐり トラックバック:0コメント:14








先ず、この黒光りした岩肌に圧倒されます!

こちらが・・・、 宿谷の滝 ( しゅくやのたき ) です~!     

別の名を、信太の滝 と呼び、古くは、修験の場でもあったと言われております。。。

そのようなことからでしょうか、一条の水が流れ落ちるさまは、荘厳そのものです。       【宿谷の滝】  【MAP】






この滝は、意外と知名度が低く訪れる人もまばらですが、

まわりは、三方が切り立った岩壁となっており、森閑とした空気が漂っています。

埼玉県は、地形からくるのでしょうか、滝が少なく実に貴重な滝の一つです・・・。















ただぶっきらぼうに流れ落ちるだけですが、

まわりの景色にしっかりとけ込んでいました。。。










こちらが、浅い浅い滝つぼです。。。

水たちは、飛び跳ねながら模様をつくりあげていきました~♪






こちらが全景となりますが、意外と小さいと思われたのではないでしょうか?

そうなのです・・・、気になる落差は、 12m でして、箱庭的感覚が新鮮でした。




きょうも、宿谷の滝をご覧いただきましてありがとうございました~♪