キクイモモドキに、真昼の訪問者(3) 2013年08月31日 キクイモモドキ物語 トラックバック:0コメント:10









雨上がりのとある日、 

キクイモモドキ ( 菊芋擬き ) に、 ブチヒゲカメムシ ( 斑髭亀虫 ) の訪問者がありました。

と言いますより、お花を見ていましたら、そこにもぞもぞしていたのです。。。      ■ブチヒゲカメムシ■







その、ブチヒゲカメムシさん・・・・・






にょきっと・・・・・






カラフルな真夏の夢のなかから・・・・・






ゆっくりとゆっくりと、

出てきた訳が分かりました。






これ、でした。。。  ■@($・・)/~~~■

虫は?卵は?苦手と思われましたら、

どうぞ、スルーしてくださいませ。。。






この光景に、つぼみは、ただ寡黙になるばかりでした。。。


時を刻んで、オオミノトケイソウ。 2013年08月30日 花めぐり トラックバック:0コメント:16






バネのような、

コイル巻のような、

このお花には、

くるくるがつきものです。。。





しかも、

重そうにぶら下がって、

とてもインパクト大です。





ツボミも卵ぐらいありまして、

お花も手のひらほどありました。


そんなたたずまいに、

しっかり俯瞰されているようでした。





ちょっとバタ臭くて、独特の味わいをもった、

その名は、 オオミノトケイソウ ( 大実時計草 )。





まるで・・・、

イソギンチャクが間違ってひっくり返ったようで、

海の中で、もぞっと動いているような感じでした。


これでも、バリバリの植物とは、

自然界の不思議を感じた、しだいでした。。。





想い出箱につめこんで、藍姫。 2013年08月29日 アジサイ物語 トラックバック:0コメント:8









真夏日、

猛暑日、

熱帯夜、

不快指数、

ヒートアイランド、

  …
  …
  …

連日TVから流れてくる、

あきるほどの言葉たちでした!!









千年に1度の夏!と、TVである気象予報士が言うほどの、

さんざんな夏が終わろうとしています。


猛暑だけでなく、降雨がもたらす甚大な被害も出てきまして、

今夏は「経験したことのないような大雨」「命を守る行動をとる」等、

最大級の警戒を呼び掛ける言葉が、日本列島をかけめぐり続けています。









テレコネクション(遠隔影響)という言葉もはじめて聞きました。

この星のエネルギーバランスが崩れ、危機感を覚えます。。。









そんな折に・・・、

けな気に咲いていた、山アジサイ:藍姫(あいひめ)です。

ぎゅぎゅっと箱に詰め込んで、夏の大切な想い出となりました。。。







ふたり、なに語らう。。。(2/2)五百羅漢尊 2013年08月28日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:10





まだ喜多院、五百羅漢尊の前におります・・・。

     その羅漢さまたちのひそひそ話は止まることもなく、続いております。。。




● この頃、東京スカイツリーのこと、話題にならないけど・・・、

● これから東京タワーはどうなるんだろうか、人気を盛り返してきたという噂が・・・。



● 近ごろいい音色を奏でるじゃのう・・・、

● これでも、天に届けと願いを込めて打っているのじゃ・・・。



● あぁ~これから先、どうしたら・・・、

● 若者よ! 焦らずに、まだこれから、人生捨てたものじゃないんじゃ・・・。



● そんなこともたまにはあるものじゃ・・・、

● あぁ~またやってしまった、いつものことじゃが・・・。



● 私は蛇使い。蛇を通せばどんなことでも見えてくるものじゃ・・・、

● 今年は、経験したことのないなど、自然災害のないことを祈るだけじゃ・・・。



● 師匠!できました! 不動明王像を徹夜で彫り上げましたが・・・、

● さすが一番弟子じゃ!よくぞここまで頑張ったものじゃのう・・・。



● そろそろこの厳しい暑さも終わりになってきたようで・・・、

● 今までそれにしても暑かった!でも今日の人たちは秋っぽいカッコしているような・・・。



● ここを訪れる人たちの情報が実に面白く、じっと向き合ってくれるし・・・、

● たまににらめっこしたり、けっこう楽しませてくれるし、爽快な気分じゃ・・・。



● 喜多院に訪れる人は、なんだかいい人ばかり・・・、

● そうじゃ!話かけてくれるし、またいただいてしまって実に嬉しいことじゃ・・・。



● 今日は、お天気もいいし、気分も晴れやか・・・、

● さっき、らかん日和と言われたばかり、嬉しいかぎりじゃ・・・。


長いこと、小江戸川越・五百羅漢尊をご覧いただきましてありがとうございました~♪



ふたり、なに語らう。。。(1/2)五百羅漢尊 2013年08月28日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:2




喜多院、五百羅漢尊の続きです。。。

          あっちからも、こっちからも聴こえてきます、

ふたり寄れば、羅漢さまたちのひそひそ話が気になりますので、耳を澄ましてみました。。。




● ちょっとお願いしたいことがあるのですが・・・、

● なになに長寿?健康? 何でもあなたの願いをかなえてしんぜましょう・・・。



● そこそこ、そこの君・・・、

● ただただ、南無阿弥陀仏・・・と唱えなさい・・・。



● カチンカチン! そこの者、ちゃんと聞きなされ・・・、

● もう一度! 聞かせてくだされ、くだされ・・・。



● AKなんとか48・・・、なんでもかんでも48・・・、

● この、48という数はなんだろうかな・・・。



● 今日も、いい日じゃったのう・・・、

● お主と一緒にかわすお酒がいちばん美味しいのじゃ・・・。



● 書を嗜むものは・・・、

● あらゆることを分かり得ることができそうじゃのう・・・。



● 厳しい夏が終われば、ほっとするのもつかの間・・・、

● ゲリラ豪雨や台風が暴れだすようだが、この日本列島、何事もないといいのじゃが・・・。



● 今日もそろそろ、終わりになってきた・・・、

● いつもの通り、ふつうがいい、それがいちばんいいのじゃ・・・。



● この子は、学ぶのが好きらしい・・・、

● そうじゃ!できる時に学ばないと、それにしてもいい子じゃ・・・。



● そんなに、学んでばかりでも・・・、

● また余計なことを、小さいうちにあらゆることを見せることが大事なのじゃ・・・。


あと1度だけ続きますが、よろしくお願いいたします~♪




草むらに、ほんわりと。。。 2013年08月27日 花めぐり トラックバック:0コメント:12








まだ羅漢さまが控えておりますが、

飽きますので、

ちょこっと、インターバル・です。。。







このほんわりさんは、ネコジャラシ・・・。


もじゃもじゃした穂が風になびいて、

それが、

いっそう夏の風情を濃くしていました。。。







美しく奏でるものに言葉は入らない、

もっともなことですが、

この暑さに、

けな気に頑張っていた穂たち、

これにも言葉は入らないですね。。。






きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました~♪



ひとり、なに想う。。。(五百羅漢尊) 2013年08月26日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:4







とり、なにを想っているのでしょう・・・。。。




漢様からは、

それぞれの想いが放たれております・・・。。。




の表情には、なんとも言えません・・・。。。




きには・・・、こんなひょうきんなお姿も・・・。




が止まり、音も止まり、

ここには、不思議な空気間があります。。。




うことはみな同じ・・・。。。




の笑み、このお姿には、

強烈なインパクトをうけます。。。




愛に満ちてやさしく微笑んでおります。。。




れにしても・・・、

お顔ほどの耳をもっております。。。




んでも聴き入れる、その情熱から、

羅漢さまは、耳が大きいと言われているのですね。。。





時を超えて、五百羅漢尊(小江戸川越) 2013年08月25日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:8





          1w.jpg


          川越、喜多院 境内に・・・、五百羅漢尊があります。

          天明2年(1782年)建立とありますので、今から230年前になります。                【川越・五百羅漢像】


         2w.jpg





              漢とは ・・・・・
             梵語(サンスクリット語)の  阿羅漢 ( あらかん ) の略称で、  「 尊敬すべき人 」 の意味です。

              なわち ・・・・・
             仏教についての修業を深め、ついには迷いの世界を解脱し、人間の悩みのもとである煩悩を断ち切り、
             人々の崇拝を受けるにふさわしい「阿羅漢果(あらかんか)」と呼ばれる仏教的境地に達した実在の像のことです。

              のほか ・・・・・
             釈迦の実在の直弟子や、仏教が伝来してきたインド、中国、日本における仏教の各宗派を開いた名僧、
             あるいは一度衰えた宗派を再び興した僧侶たちの像を含めて、総称して羅漢と呼んでいます。
                                                   【出典:日本の仏像、株式会社東京美術】






                     DSC_0333-489.jpg

 
                          央に鎮座しておりますのは、釈迦如来像です。

                                 先ずは見上げるだけですが、すぐに足が向きます。。。

 
         DSC_0357-720.jpg


           世紀にわたって538体建立された羅漢さま。。。

                    ここに身をおきますと、ただただ圧倒されるだけです。


         DSC_0359-720.jpg


           師たちは、どんな想い?百面相?して彫っていたのでしょうか。。。


         4w.jpg


           んな羅漢さまからは、時を超えた表情が放たれておりました。


         5w.jpg


           愛に満ちたやさしい微笑み・・・。。。


         6w.jpg

  
             まだ五百羅漢尊が続きますので、よろしくお願いいたします。。。




白糸の滝(長野県軽井沢町)に、虹が。 2013年08月24日 滝・渓流めぐり トラックバック:0コメント:8




DSC_0423-700.jpg



前回に続きます 白糸の滝軽井沢町 ) です。

★白糸の滝★       ★MAP★



2-2.jpg



この幾条もの白い糸たちに、

薄っすらと架けられている、

刹那の輝きがありました。。。



3-2.jpg



その輝きは気まぐれで、ここにあったと思いきや、
あっちへそっちへと、いそがしく映っていきました。



DSC_0430-700.jpg



はっきりとしませんが、
なんとなく、虹の心象を想わせてくれます。。。


虹というものは、
人のDNAに刻み込まれている、心象風景なのですね~♪



5-2.jpg






白糸の滝 (長野県軽井沢町) 2013年08月23日 滝・渓流めぐり トラックバック:0コメント:14







白糸の滝は、全国にどれほどあるでしょうか。。。

この滝は、白糸の滝 ( 長野県軽井沢町 ) です。


★白糸の滝★       ★MAP★


     
「白糸の滝」といいますと、この看板でお馴染みです~♪











清冽な水たちがつくるこの舞。

聴こえてくるのは、

滝つぼに誘われる音だけ。。。












苔むした岩たちは容赦なく叩きつけられて・・・、




しかし、見事に跳ね返して・・・、




それぞれの形と化していく・・・、




それにしても・・・、




この岩たちは打たれ強い・・・。。。









幾条もの白い糸たちは優しく、ときには激しく、

幾通りもの形をつくり、優美に落ちていきます。







白い糸たちと照り輝く岩肌、美しい苔をもつ岩、そして木々とのコラボ・・・

いつものいつもの営みは、美しい共演となって繰り広げられておりました・・・♪





きょうも、白糸の滝(軽井沢)をご覧いただきましてありがとうございました~♪

キクイモモドキに、真昼の訪問者(2)。 2013年08月22日 キクイモモドキ物語 トラックバック:0コメント:8










ギンギンギラギラとある日のこと、

          またも キクイモモドキ ( 菊芋擬き ) に真昼の訪問者がありました。。。


チョウたちは、あっちからこっち、こっちからあっちへとパタパタしすぎ、

          またもぼんやり画像ですが、このナミアゲハにはうれしくなりました。。。













端正な姿からは、マーガレットのような、

鮮やかな黄色からは、ヒマワリのミニバージョンを想わせています。


別の名は、 ヒメヒマワリ ( 姫向日葵 ) と言われていたのですね^^、どうりで大納得でした。。。




















キクイモモドキに、真昼の訪問者。 2013年08月21日 キクイモモドキ物語 トラックバック:0コメント:12








ギンギンギラギラとある日のこと、

       キクイモモドキ ( 菊芋擬き ) に、 ナミテントウムシ が遊びにきました。


ナミテントウは、昔から呼ばれていた「テントウムシ」のことだそうです。

たった5mmほどの大きさですが、そこから放つ光沢感、こんもり感は見事でした。
     






★ テントウムシ ★



…   






あっ! 一匹のテントウムシを発見!

するするすると、上って行きます。。。






きょうは、このお花に決めたよう。。。






この花びら、ダイジョウブかな、

どこから、上ろうかなって。。。






黄色い花びらが揺れてしまって、

せっかくここまで、上ってきたのだからって。。。






おっと! セーフ。。。もうあんしんのポーズが。。。






ひとまわりもふたまわりもして。。。






どこで、ランチにしょうかな・・・、

落ち着きなくバタバタ・・・、バタバタ。。。






おなかいっぱいになったようで、

今から、帰るようですが、

行きもコワイ帰りもコワイ、感じ。。。


でも、このなじんだ道を、するする降りて行きました。






ナミテントウの、たった1分間のできごとでした。。。


きょうも、ナミテントウをご覧いただきましてありがとうございました~♪ 

田ノ原湿原に咲く、ニッコウキスゲ(2/2) 2013年08月20日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:4







まだ ・・・・・  田ノ原湿原たのはらしつげん  におります~♪






この、ぼんやりしたお花、

ニッコウキスゲ です~♪





ここには、ぽつんとさんが・・・。。。













この、オレンジ色にはドキリでした~!






白樺に、ニッコウキスゲが咲く、

これぞ、湿原の景色ですね。。。





きもちいい^^、みどりの目薬をさしたようで、

そして、みどりの風も通りすぎていきました。。。





2回にわたり、田ノ原湿原をご覧いただきましてありがとうございました~♪

田ノ原湿原に咲く、名残のワタスゲ(1/2) 2013年08月19日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:12






琵琶池びわいけ からの帰りに、 田ノ原湿原たのはらしつげん に寄りました。

先ほどの、 琵琶池 から2km離れたところにあります。 





★MAP★  【長野県山ノ内町志賀高原・田ノ原湿原】









これから、木道を歩いて行きます。。。





いたずらな風がわさわさとやってきて、

草たちを起こしたり、寝かせたり・・・。





ところどころに、小さな池塘がありました。。。





もう少し進みますと、動物?を想わせる岩があったり。。。





歩いてきた道を見ています。

ここが中間点・・・・・

もう少し、奥へ入ります。。。





橋をわたりますと・・・・・





名残のワタスゲたちが、

もう少しと、頑張っていました。








ふんわりと・・・、 

白い妖精のよう。。。





白い貴婦人に寄り添う、

オレンジ色のお花が気になります~?





あと1度続きますので、よろしくお願いいたします。。。

きょうも、ご覧いただきましてありがとうございました!

時の鐘(小江戸・川越) 2013年08月18日 下手な画像いじり トラックバック:0コメント:16




時の鐘



これは・・・、川越にあります、「時の鐘」です。。。      ★ 時の鐘(川越) ★

機械式ですが、1日4回(午前6時、正午、午後3時、午後6時)時を知らせております。



その気になるゴォ~ンですが・・・、【この音】です~!!

【全1分22秒ですが、1分6秒~7秒にゴォ~ンと、一突き響きました。。。】



こんな画像ですので、目がちらちらされたのではないでしょうか。。。

下手にいじってしまいまして、かなり荒れておりまして見苦しいです。しっかり勉強します!



琵琶池 ~志賀高原~ 2013年08月17日 長野県めぐり トラックバック:0コメント:20




         



         なんて! 神秘な色を奏でているのでしょうか。。。
       

              この池は、 琵琶池 (びわいけ) といいまして、志賀高原にあります。


                   前々回の、白いスイレンの咲く、 一沼 (いちぬま) の隣にあります。


         名前の謂れは、琵琶の形をしているというそうですが。。。          ★ MAP ★ (長野県下高井郡山ノ内町平穏)



         



         先ず、目を潤してくれるのは、

              この、緑がかった青、青がかった緑・・・。。。

                   そう・・・、エメラルドグリーン・・・でしょうか。

              いぇ・・・、エバーグリーン・・・?

         そう・・・、ビワイケ・グリーンと呼びたくなります。。。



         4



         木々たちも葉たちも、ほがらかで、

              水面はもっともっと、ほがらかな景色でした。。。



         



         急に雨が、パラパラ落ちてきましたので、

              ちょっとここで雨宿りさせていただきました。。。

 

         



                      木々の間からも、柵の間からも、

                           優美な、ビワイケ・グリーンが際立っておりました。。。



                      



                            白い可憐なお花は、ヨツバヒヨドリでしょうか。 

                                     すくっと立ってなんとも気持ちよさそう。。。



         

じりじり暑さに、トーチリリーの花。 2013年08月16日 花めぐり トラックバック:0コメント:4




      


        夏を彩る、トロピカルなお花といえば、

        ハイビスカスだけではなく、

        トーチ(松明)リリーもいい線いっております~!


        道端で、照りつける太陽を味方にしていました。。。



      


        連日の暑さで、真っ赤を目にするたびに、

        バテ気味モードとなりますが、

        灼熱地獄を、ふたたびという感じですみません。。。



      


        優しく膨らんで、

        下から咲いていくのですね~!



      

        そして、

        ひとつひとつ想いをこめて、

        ゆっくりゆっくりと、開いていくのですね~!


風鈴を想わせて。。。 2013年08月13日 花めぐり トラックバック:0コメント:4




                


                毎日、暑いです。。。

                今日も、暑いです。。。


                すっと、垂れ落ちて咲く、

                朱色が冴える、ノウゼンカズラ


                このたたずまいは、

                まるで、風鈴のようでした。


                チリンチリンという音色が、

                なぜかしら、聴こえてくるようでした。


                


                ここは、近くの公園、彩の森(さいのもり)公園です。

                公園っていいですね~!

                草取りしなくてもいいですし、お客さま気分でいられるのです。。。



                



                



                

 
        
                

                         今日も、ご覧いただきましてありがとうございました。。。

少しでも涼しくなれれば・・・。。。 2013年08月12日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:2








毎日が・・・、猛暑! 酷暑! 険暑! ですね。。。

今日のこちらも、暑くなる気まんまんのようです。。。


あまりにも暑くて、どうにもなりませんので、

6月半ばの関田峠付近の、茶屋池(ちゃやいけ)ですが、

引っ張りだしてきました^^雪です^^しっかり残っておりました。。。








山肌も池面もなぜか、寡黙となって。。。





ツツジもブルブルそう。。。





ヒンヤリとした、青に白と緑たち。。。





なんとなく、涼しく。。。





それが、じわじわとくるようで。。。





水たちがあそぶ、冷たい輝き。。。





今年は、降雪量が多かったようと、周りのかたがおっしゃっておりました。

・・・と、いうわけでもないのですが、茶屋池の上を少し歩いてみました。

いつ、ドボンかもしれませんので、それを思いますと、サムイですね。。。



猛暑お見舞い申しあげます! 2013年08月11日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:6






立秋が3日前に通り過ぎたとはいいましても、
その言葉もむなしく、
このうだるような暑さには閉口しております。






毎日、冷たいものばかり口にしております。
なんだか・・・、
この薔薇が、氷いちごに見えてきました~!!








定番の、グレープをかけてみました・・ら、

DSC_0455-469-13w.jpg



次は、ブルーハワイをかけてみました・・ら、

DSC_0455-469-14w.jpg



懲りずに、メロンをかけてみました。。。

DSC_0455-469-12w.jpg

毎日「暑い」です! 言わないといいながらつい出てきます。

まだまだ頑固な暑さが続きそうです^^ご自愛くださいね。。。



ある日の、石榴の実。 2013年08月10日 花めぐり トラックバック:0コメント:0





DSC_0144aあ-700w


ちょっと前までは、紅いお花が咲いていましたが、

今、このように緑やわらかな色合いの実となりました。


DSC_0149a-700w.jpg


あれほど小さなお花から、これほど大きな実へ、

ザクロは不思議感ただよわせているとつくづく思います。


DSC_0190-470w.jpg


どういうわけか、黒い実となって、

なんだか、タコさんのよう・です。。。


DSC_0210a-700w.jpg


紅一点って、石榴のお花だったのですね。。。

中国・北宋(11世紀)に、王安石(おうあんせき)という、詩人がおりまして、
石榴詩「万緑叢中紅一点、動人春色不須多」の一節から来たそうです。。。

緑の背景の中に、ひときわ目立つ朱色の花があって印象的という情景を詠ったとか。。。


DSC_0223-470w.jpg


田んぼに、気になる木。。。 2013年08月09日 つれづれなるままに トラックバック:0コメント:0




DSC_0098-700-2aa.jpg


いたずらな風が、さらさらと、

稲穂たちをこまらせていました。


色が黄金に変わるのもあと少し、

実りが、豊かでありますようにと、

美味しい薫りを想いながら・・・、


そんな木陰で、ひと休みしました。



DSC_0099-700-2.jpg


なんとも風流な感じの、
 
この木は、何の木でしょうか。。。


DSC_0086-470.jpg


少し上を見上げれば、

さらさらと、

風になびくは、紫の、

そんな君を想わせて、

いまどき今時に咲く、

フジの木でありました。


DSC_0091a-700.jpg





黄婦人。。。 2013年08月08日 はす物語 トラックバック:0コメント:4









この、ほんわりとしたたたずまい・・・。


暑いさなか頑張っていましたのは、

水辺の、貴婦人です。。。


そう、黄花蓮・・・、黄夫人です。。。


やさしさあふれる^^、

ビタミンカラーをふりまいていました。。。







花のいのちは・・・、4日間。。。

開いては閉じ、開いては閉じを、

3日間繰り返し、4日目の朝散ります。

それが、何ともいい風情です~♪







蓮って、蕾ができて、お花が咲いて、

同時に、実もついているのですね~!!


不思議なお花だなとつくづく思います・・・。









【 行田市 古代蓮の里にて 】


鮮緑色の煌めき (竜ヶ窪) 2013年08月07日 新潟県めぐり トラックバック:0コメント:0




b1.jpg


シィーンと静まりかえる、
ここは、静謐の世界・・・。。。

まだ、 竜ヶ窪 におります。。。

この緑・・・、鮮緑色とでもいうのでしょうか。
神秘を奏でる水面に吸い込まれそうになります。。。


b2.jpg


b3.jpg


b4.jpg


この緑たちから目までが潤い、
すっかり・・・、
目薬をさした気分になりました。


b5.jpg


池床の木々に目をやれば、
古から伝わっております、
竜神伝説が想いうかびます。。。


b6.jpg


ブナの葉たちもほがらかに。。。


木々の間からのぞきこめば、こんな水景色でした。。。


b8.jpg
【 新潟県津南町 竜ヶ窪 】


青と緑の煌めき (竜ヶ窪) 2013年08月06日 新潟県めぐり トラックバック:0コメント:2







この猛暑に涼をもたらす・・・、絶好の池・・・、

新潟県津南町、 竜ヶ窪 に行ってまいりました。

■竜ヶ窪■ クリックしてください! ■ MAP ■       














清冽な湧水たちが奏でる、

青色と緑色が絶妙な味で織りなす、

清涼の美。。。


それは、木々の間から見えてくる、

奥座敷のような、雰囲気でした。。。





こんな、いろどりも・・・、

こんな、ささのはも・・・。




【 新潟県津南町 竜ヶ窪 (りゅうがくぼ)  】





豆青(とうせい)色・・・草津白根山・湯釜 2013年08月05日 色彩物語 トラックバック:0コメント:2







ここは、群馬県草津町、草津白根山・湯釜


駐車場から山頂までたった15分の登りですが、

もう、青息吐息状態です。。。

7月のとある日のこと、時間は、午前7時前です。

そこには、曙の雲に目覚める山々がありました。





雲の間からこぼれおちた、かすかな陽の光は、

色あせた山肌を白く浮かび上がらせていました。





やがて雲は薄まり、

陽が直接山にふりそそぎ、

湖本来の輝きを魅せていきました。





この色は、豆青とうせい)。。。

豆の色を想わせる、
青の、淡い青緑をさすという。。。

それは、中国・龍泉でつくられた、
磁気の色でもありました。。。





厳格なる静けさを称え、

まるで、

天の入り口を想わせて、

水の色の、

なんと、味わい深いことでしょうか。





草津白根山は、バリバリの活火山。。。

山頂では、木が生えるのも難しいそうですが、

この小さな木々たちは頑張っていました。。。





天然寺のお地蔵さま。 2013年08月04日 石仏めぐり トラックバック:0コメント:0







お地蔵さまは・・・・・

どうしてこのようにやさしいお顔をしていらっしゃるのでしょうか。


それは・・・・・

大きな慈悲と慈愛の心で、いろいろな苦しみを包んでくださるからでしょうか。





向き合いますと、

心が落ち着いてきまして、

とても身近に感じられます。


お鼻が少し欠けておりますが、

気にならないほどに、美しく、

端正なお顔立ちをしておられます。





石でも、これほどまでに、

細かい表現がなされるものと感動を覚えました。




【 川越・天然寺(てんねんじ) 七福神めぐり第二番 】






浄土のよそおい 2013年08月01日 はす物語 トラックバック:0コメント:0





DSC_0114-700.jpg




蓮の花。。。 

まさに、

れんげ。。。


なんて清らかなのでしょうか。


吸い込まれるような、

不思議感あふれ、

やさしく包まれる気持ちになります。






【 川越・善長寺 放生池にて 】