一輪のコブシの花、マグノリア。。。 2015年04月03日 マグノリア物語













今をときめくコブシマグノリアの木です~♪




この乳白色の花びらたちを

かの 宮沢 賢治 は、

山羊の乳よりしめやか 」 ・・・と、

『 マグノリアの木 』 の中で綴っております。




こんな彩り・・・・・だったのですね~!!




そんなことを思いながら眺めていました~♪












きょうもいつも、お越しいただきましてありがとうございます~♪





マグノリア、受咲き大山蓮華~! 2014年06月07日 マグノリア物語











昨日も 逢いました^^ 見上げました^^

いじわるな大きな木^^(笑)

マグノリアの木たちは頑張っていました!




今 梅雨空にお椀のような雰囲気をはなって

肉厚感の花びらがひと際目立っていました。




一応 オオヤマレンゲ(大山蓮華)ですが

こちらは ウケザキオオヤマレンゲ(受咲き大山蓮華)です!

上を向いて咲きますので この名前のようです~~♪ (*_*;~!!








ちょっと 横にまわってみました~♪








シベの伽羅色と

花びらの乳白色の

絶妙な美の関係を

ただただながめるだけです(*_*;~!!









きょうもいつも お越しくださいましてありがとうございます~♪


マグノリアの木、コブシ。 2014年04月21日 マグノリア物語 トラックバック:0










さくらとやわらかな空を従えて、

ほがらかに 咲いているのは、

コブシ ・・・ 、マグノリアの木です。




この花びらが、山羊の乳よりしめやか・・・と。

「マグノリアの木」のなかでそう書いているのは、

かの宮沢賢治。。。








背が高すぎて手が届かない。。。

ただただ見上げるだけ、

ほんとうに いじわるな木です~!







・・・と言っておりますが そんなこと思うわけがありません。 (*_*;~!!


きょうもいつも、ご覧いただきましてありがとうございます~♪