とある日にとある公園を散策。。。 2017年09月08日 埼玉県めぐり










木々をこんもりさせている葉たちが美しく 青い空気が漂っているようで




DSC_2262a-n.jpg




まるいベンチに座れば転がりそうですが 「そんなこと言わずにどうぞ!」 って誘っているような気がします




DSC_2255a-n.jpg




彩の森公園にて。。。  きょうもお越しいただきましてありがとうございます~♪



白と緑、そして群青色な彩の森公園にて。 2017年08月31日 埼玉県めぐり





DSC_8626k2-n.jpg






突然 水が吹き出せば

草たちもどことなく揺れはじめる

いつもの

午後3時のできごとと

木々やベンチは静まりかえっている






DSC_8620k2-n.jpg




きょうもお越しいただきましてありがとうございます~♪


YS-11機実機が展示されている、航空公園駅にて 【4】 2017年08月29日 埼玉県めぐり









いきなりドカ~ンとですのでびっくりです・・・YS-11機本物です~♪




DSC_2196-n2.jpg





DSC_2194-n_20170828220249d04.jpg





DSC_2187-n.jpg




陽射しがギンギン、、、眩しいです~~このモニュメントはコンコルド風のような感じです~♪




DSC_2182-n.jpg




これで航空公園駅を終わります~~長いことご覧いただきましてありがとうございました~♪


プロペラが時を告げる、航空公園駅にて 【3】 2017年08月28日 埼玉県めぐり







ただ今は12時5分になるところです




DSC_2083-n.jpg

航空発祥ならではの地ですので プロペラで時を軽やかに告げています




DSC_2170a-n.jpg

このフォルムはなんだかアイロンのようですが これはグゥ~ンと疾走するヒコーキです




DSC_2058a-n2.jpg

青空がつながっているよう ガラスの奥にはCafeアンリ・ファルマンがあります~前回はそちらからの景色でした




DSC_2175a-n.jpg




むんむんの暑さでしたが すでに雲は初秋の彩りです^^あと1度だけ続きます~♪  きょうもありがとうございます~♪


アンリ・ファルマンでコーヒーを、航空公園駅にて 【2】 2017年08月27日 埼玉県めぐり









改札を出ますと目に飛び込んでくる Cafeアンリ・ファルマン

この日もまた容赦のない暑さですので ひとりカフェしました



DSC_2113a.jpg



そこからはこんな白いかたまり これは実機です 

普通に普通にYS-11機が展示されているのです



DSC_2141a.jpg



ところバスとのコラボは いかにも航空発祥の地・所沢という光景です



DSC_2157a.jpg



ところバスにもアンリ・ファルマン機が描かれています



DSC_2103a.jpg




駅前広場はこんな感じです~~航空公園駅つづきます~♪  きょうもお越しいただきましてありがとうございます~♪



ぐりーんの美しい駅、航空公園駅にて 【1】 2017年08月26日 埼玉県めぐり





何の変哲もない白壁にツタですが・・・










ここはどこかと言いますと・・・





DSC_2014a-n2.jpg





西武新宿線・航空公園駅ホームです・・・





DSC_2015a-n2.jpg




これから改札を出ます~つづきますのでよろしくお願いします。。。 きょうもありがとうございます~♪



所沢航空発祥記念館にて (9) 2016年09月14日 埼玉県めぐり







( 正面から・・・原寸大レプリカです )



この機は、フランス・ニューポール社製 ニューポール81E2 です。



DSC_5648-nc.jpg
( 左斜め前から・・・レプリカです )



実は、埼玉県が生んだスゴイ人物が、民間飛行家がいたのです!

埼玉県比企郡都幾川村 (現在はときがわ町) 出身の、岩田正夫 (いわたまさお) 氏です!

岩田氏は、1926年(大正15年)に本機にて飛行しました。

この機をあの時代に、フランスから輸入し自己所有していたとのことですから驚くしかありません。




DSC_5633-nc.jpg
( プロペラ、エンジン、操縦室周辺、実機です )

胴体部分は木製フレーム、エンジン周辺部分と操縦室周辺部分は金属フレームです。


DSC_5632-nc.jpg
( エンジン、操縦室周辺、実機です )

エンジンは、ルローン空冷式回転式(9気筒80馬力)です。


DSC_5634-nc.jpg
( タイヤ、実輪です )

ボロボロですが、、、中に綿が詰められています。




DSC_5645a-nc.jpg
( 右斜め前から・・・レプリカです )



民間飛行家・岩田氏が、1926年(大正15年)8月13日~14日に父親のお墓参りのために郷土訪問飛行の際のものですが、
残念なことに、公開飛行着陸時に機体を破損してしまいました。

その機体は、同村慈光寺で保存されていましたが、その後記念として地元に寄贈されました。

現在は、残存していた機体の前部を展示物とすると共に機体の往時をイメージし、レプリカを製作し、並べての展示です。

今から90年も前に、この岩田機で、父親のお墓参りとは、なんということでしょうか、こんな埼玉県人がいたのですね!



DSC_5655-nc.jpg
( 右やや正面から・・・レプリカです )




きょうも お越しいただきましてありがとうございます~♪






所沢航空発祥記念館にて (8) 2016年09月12日 埼玉県めぐり




DSC_5576a-n.jpg

記念館入口には、紙ヒコーキ風?のオブジェがあります。


DSC_5895a-n.jpg

じっと見上げてしまいました!




こちらは記念館全景です、左側は大型映像館、右側はテフロン帯を施した展示館です。

映像館では現在は 「恐竜ミュージアム」を上映していまして、私は3回見ました。。。


DSC_5458-n.jpg

記念館正面入口です!


DSC_5566-n.jpg

入口部分は、羽根を想わせて双翼機のようです!


DSC_5522-n.jpg

ジェットエンジンに見えます!


DSC_5558-n.jpg

今にも飛び出しそう、、、躍動感あります!


DSC_5440-n.jpg



こちらは格納庫です、そのシャッターに描かれた「会式一号機」。

これは日本で最初に製作された国産軍用飛行機だそうです!

DSC_5421-n.jpg




きょうもお越しいただきましてありがとうございます~♪




所沢航空発祥記念館にて (7) 2016年09月11日 埼玉県めぐり






DSC_0251-n.jpg




自然界の飛行家たち・・・です

とくれば

人間界の飛行家たち・・・です




DSC_0295-n2.jpg




人類初の「有人動力飛行」に成功した、ライト兄弟です。

左がウィルバー・ライト(兄)、右がオービル・ライト(弟)です。





DSC_0302-n.jpg
( ジオラマです )


初飛行は、1903年12月17日、寒く強い風が吹く中 ノースカロライナ州キティホークの丘で「ライトフライヤー1号」による動力飛行が行われました。

飛行時間は12秒、飛行距離は36.5mです。

おぉつ!どぉん!という、長い12秒、短い12秒だったと思いますが これぞ歴史的瞬間です。

最初の操縦士はコイン投げによって 弟のオービルに決まり、2回目は兄のウィルバーが飛び、交互の操縦によって飛行距離を伸ばしながら、
4回の飛行を行いました。

4回目の飛行では飛行時間59秒、距離259,7mを記録したことは周知のとおり、
実験には5人の沿岸警備隊員が協力し、その中の一人が歴史的な離陸の瞬間をカメラでとらえた画は ウィキペデイアに載っています。




DSC_0298-n2.jpg
( ジオラマの説明文です )


ライト兄弟は、5人兄弟でした。
ウィルバーは三男で、オービルは四男です。

二人は大学に行かなかったのですが、3人は行きました。
大学に行く時間がもったいない、飛行機の研究より崇高なものはないと思ったのでしょうか、どうでしょう。。。

また二人だけ結婚をしなかったのですが、三人は既婚です。
やはり結婚よりも飛行機道一本への道を突き進んだのでしょうか、どうでしょう。。。

ちなみに兄・ウィルバーは、 
 I don't have a time for a wife and an airplane. ・・・と、メディアからの質問に答えていたそうです。 



DSC_5721-n2.jpg




9分間にわたる奇跡の物語もあり ライト兄弟のコーナーは楽しめます!

きょうもいつも お越しいただきましてありがとうございます~♪






所沢航空発祥記念館にて (6) 2016年09月08日 埼玉県めぐり












1970年型スカイナイト 白地に3本の青い線が凛々しい

正面からの美です

セスナT310Q 本田航空で使用されていた民間機です




DSC_0150-n3.jpg


斜めで分かりにくいですが こちらはエンジン(コンチネンタル・ターボ過給機)です



DSC_0152a-n.jpg


コックピットに入れますので階段を上ってみます



DSC_0155-n.jpg



乗員は1名 



DSC_0160-n.jpg



乗客は5名とのことです



DSC_0163-n_20160907211947b59.jpg



ちょっと斜めからの景も魅力的です


DSC_0149a-n.jpg





きょうも お越しいただきましてありがとうございます~♪






 » »